ゆずられ パソコン
   ホーム    一覧    応募    投稿    終了通知    ご利用ガイド    取扱い品目    資料    コラム    サイトマップ  
     >> RSS1.0
都道府県 検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

/ ホーム  / スポンサー広告 | 固定リンク
( -- / -- / -- ( -- ) )

CPUもチップセットも同じであることにようやく気が付いて、PC-CB1シリーズのクチコミからの誘導で次 の作業を行った。

CB1シリーズ CPUド ライバ更新手順(サポート情報)

これで解決するであろうか。期待は大きい。


応答速度が低下したように感じられる。更に状況は変わらないので、AMD Athlon? 64 X2 Dual Core Processor Utilities & Updates から

AMD Processor Driver Version 1.3.2.0053 for Windows XP and Windows Server 2003 (x86 and x64)
(AMD_Processor_Driver_1320053.zip)

をダウンロードして設定した。

現在は、

・デバイス インスタンス ID:ACPI\AUTHENTICAMD_- _X86_FAMILY_6_MODEL_7\_0

「ハードウェアの更新ウィザード」で、ハードウェア デバイスの製造元とモデル:AMD K7 Processor | AMD Processor | プロセッサ として

・ドライバファイル:C:\WINDOWS\system32\DRIVERS\AmdPPM.sys

となっている。


amdk7.sys のときより応答速度が上に感じられる。Windows XP を起動したときも冷却ファンが回 るようになった。忠実になった気がする。一時的なことかも知れないが、新鮮ではある。ソフトウェア上 の要因と熱暴走が複合していると思われる。Windows XP はハングしないという固定観念ができてしまい 、許せなくなっているのだろうか。Windows 98 SE でのハングを忘れた身にとっては。


バッテリーパックを取り外す。(バッテリー駆動で起動すると直後に暴走することがある。これ は熱によるものではなく、電源供給が確実に行われていないためと考えられる。ACアダプタ → バッテリ ーパック → PC本体 という電源供給ラインがあり、ACアダプタ駆動においてもバッテリーパックの介在 で異常は発生するのではないだろうか)

※ PC Wizard 2008 でモニターすると、

CPU : 797.58 MHz

Battery : 9.91 V、10.43 V、10.57 V、10.63 V

などを示している。コントロールされない状態において、12 Vに満たない電圧となっている。


その後、暴走もなく極めて静かな運転が続いている。

  • 冷却台(LTC3F)の使用は保留した。煩わしく喧しいので。手前のファンの結線を外して使用すると共鳴音は消えると思われる。
  • 机が温まらないようゴム足を付けた。
      振動防止パッド(材質:合成ゴム) Φ40×t9
  • バッテリーパックを外した跡にカバーを付けた。
      塩ビ板 t0.3
       両面テープ
  • 尚、吸気ファンは撤去した。御役御免となった。
Mebius は、CD-R/RWドライブ・バッテリーパックの不具合と Windows XP へのアップグレード手順の不整備が改善されれば申し分ないと思われた。

ノートパソコンの底面

スポンサーサイト

/ ホーム  / 深Mebius | 固定リンク | レス: 0
( 2008 / 04 / 30 ( 水 ) )

<< 動画からSDオーディオプレーヤーへ | ホーム | 連合と競合のあいだ(メビウスノート問題) >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

copyright © 2007-2008 ゆずられ パソコン all rights reserved.
Powered by FC2ブログ . / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。