ゆずられ パソコン
   ホーム    一覧    応募    投稿    終了通知    ご利用ガイド    取扱い品目    資料    コラム    サイトマップ  
     >> RSS1.0
都道府県 検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

/ ホーム  / スポンサー広告 | 固定リンク
( -- / -- / -- ( -- ) )

立体

簡易版のポリゴン系モデラー「Metasequoia LE R2.4」を使って、ある立体を作ろうとした。基本図形、範囲、切り取り、ペースト、移動などを使って作業を進めていたが、思うように作れない。考えていることと行っていることとに隔たりがある。シェアウェア版にある「高度な機能」*が削減されているためかもしれない。

断念して、「Solid Edge Origin」を取り出してインストールした。勝手を思い出すのに手間取ったが、思っているように出来た。「Solid Edge パーツ」で作ったものが上の図である。

プロトタイプの寸法を変えたり、実際の寸法はいくらかを知るために使い覚えた「Solid Edge Origin」である。どういう風に見えるか、という要求に応えることができたのでソリューションツールなのだろう。

* シェアウェア版のみの機能

  • 4面表示
  • 下絵表示
  • オブジェクトの階層管理、ローカル座標
  • 頂点カラー・曲面ウェイト
  • フラクタル地形生成
  • ファイル入力(3DSなど)
  • ファイル出力(LWO、3DS、VRML、OBJなど)
  • 標準添付プラグイン(文字列作成、ブーリアンなど)
  • ユーザーが独自に開発できるプラグインSDK、Pythonスクリプト
  • その他いろいろ

スポンサーサイト

/ ホーム  / コラム | 固定リンク | レス: 0
( 2008 / 10 / 17 ( 金 ) )

<< Audio DVD Creator の無料トライアル | ホーム | LPレコードをゆずりますか? >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

copyright © 2007-2008 ゆずられ パソコン all rights reserved.
Powered by FC2ブログ . / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。