ゆずられ パソコン
   ホーム    一覧    応募    投稿    終了通知    ご利用ガイド    取扱い品目    資料    コラム    サイトマップ  
     >> RSS1.0
都道府県 検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

/ ホーム  / スポンサー広告 | 固定リンク
( -- / -- / -- ( -- ) )

以下のLinuxをダウンロードしてCDに焼いて起動した。

1 Ubuntu 7.10 (Gutsy Gibbon)
  2007年10月18日付け ISOファイルのサイズ 694 MB

画面解像度の設定がF4キーを経由しても 1024×768 にならず、スキップすることにした。(⇒ Ubuntu のセーフグラフィックスモード
NTFSパーティションを縮小して空いた領域をフォーマットしたが、上の事情によりインストールするまでに到らなかった。

2 Puppy Linux 3.01
  日本語アルファ版 2007年10月26日付け ISOファイルのサイズ 124 MB

1のような障害はなかった。HDDにインストールする方法が分からなかった。
(2007.11.29 追記:/usr/sbin/puppyinstaller ファイルに異常があった。 ⇒ Puppy Linux 3.01 日本語正式版を使う

3 Puppy Linux 2.16.1
  日本語版 ISOファイルのサイズ 115 MB

起動過程が2よりしっかりした感じである。デスクトップにコマンドターミナルが置いてあったので、Linuxらしかった。


Windowsを持たない段階で、Puppy Linux またはそのほかの無料のLinuxディストリビューションを用いるのは歓迎される。OSのインフラはやはり必要であったと思う。洗練された一つがあれば十分であるが、拡散されてしまっている。1のような事態は今では御免である。

スポンサーサイト

/ ホーム  / コラム | 固定リンク | レス: 0
( 2007 / 11 / 03 ( 土 ) )

<< flash-Puppy の思い付き(Windows Lite の夢) | ホーム | ブログの title タグ再考 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

copyright © 2007-2008 ゆずられ パソコン all rights reserved.
Powered by FC2ブログ . / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。