ゆずられ パソコン
   ホーム    一覧    応募    投稿    終了通知    ご利用ガイド    取扱い品目    資料    コラム    サイトマップ  
     >> RSS1.0
都道府県 検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

/ ホーム  / スポンサー広告 | 固定リンク
( -- / -- / -- ( -- ) )

画面解像度が思ったようにならないために Ubuntu 7.10 の HDD へのインストールを断念してから、いくつかの Linux ディストリビューションの導入を試みた。

Puppy Linux 2.16.1 日本語版は親しみの持てるOSである。しかし、日本語入力がスムーズにできなかったり、印刷設定や Firefox のインストールについて調べなければならないことがあったりと楽ではない。
puppy-3.01-seamonkey.iso と異なり、3.01 日本語のアルファ版~RC2版はインストールすることができない。
(2007.11.29 追記:/usr/sbin/puppyinstaller ファイルに異常があった。 ⇒ Puppy Linux 3.01 日本語正式版を使う

KNOPPIX 5.1.1 日本語版は安定したディストリビューションである。
GUI においてスーパーユーザーになれない( ⇒ $ sudo passwd root を実行し、rootのパスワードを設定しておけばよい )のでインターネット接続ができない。ウィンドウなどの外観をカスタマイズしてみたが、どれもしっくり来ない。

意欲をそがれていたとき、Ubuntu を再度インストールすることになった。
CD で起動し、Ubuntu のロゴ画面の時点で下のメニュー項目の二番目にカーソルを運んでいた。

  Ubuntuの起動およびインストール
  セーフグラフィックスモードでUbuntuを起動
  ドライバアップデートCDを用いてインストール
  OEM install(for manufacturers)
  CDの異常をチェック
  メモリテスト
  一番目のハードディスクから起動

KNOPPIX のときと同じく画面解像度は良好に設定され、前回から一歩前進したように感じられた。
スポンサーサイト

/ ホーム  / コラム | 固定リンク | レス: 0
( 2007 / 11 / 20 ( 火 ) )

<< Wonderful Ubuntu 7.10 | ホーム | GRUB と Linux >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

copyright © 2007-2008 ゆずられ パソコン all rights reserved.
Powered by FC2ブログ . / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。